読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Android版 Twitterアプリを作ろう! 1日目

さて前回の記事でAndroid版の非公式Twitterアプリを作ると宣言しました。

それでモチベーションを保つため(と記録するため)に、このブログでどんなことをやったのかを書いていきたいと思います。

 

では本題。

まずは「Android アプリ 開発」でgoogle検索。するとこちらのサイトがヒットしました。

ふむふむ、初心者はドットインストールというサイトを見ればいいのか。というわけでドットインストールに飛びます。

このサイトの http://dotinstall.com/lessons/basic_android_v2 を見ると、開発環境の作成とUnixコマンドの理解とJavaの習得が必要なようです。

早速、開発環境作成とUnixコマンドの勉強です。ドットインストールでは各々のカテゴリについて3分の動画が数十本分でまとめられているので、勉強が続きやすいですね。

f:id:guchi36:20161229005820p:plain

と一通り終わったところで1日目はここまで。

 

次回からJavaの勉強に入ります。

 

アンドロイド版のTwitterアプリ作ります

アンドロイド版のTwitterアプリ作ります。知識は0ですが。

 

アンドロイド版公式Twitterアプリはツイ消ししてもTLに残ってしまう*1のが残念で、ツイ消しを多用する自分からすると面倒な問題なのです。非公式アプリだとツイ消しして更新すると消えるので、API関係で解決できる問題なのでしょう。

じゃあ作らないで非公式アプリ探せよと言われそうですが、広告が入っていたり英語だったりと不都合があるので自作しようと思いました。

 また、プログラミング自体は出来たら凄そうなので前からやって見たかったのですが、特に作りたいものもなく結局手を出していませんでした。だからこの機会に挑戦してみようと思ったと言うのも理由の一つです。

 

漠然と考えているのは、広告なし・シンプルなUI・低機能と言う三点です。

非公式アプリを使っていると、機能性は高いのにUIが残念に思うことが多々ありました。例えば一昔前のiOSみたいに無駄に影がついてたり、丸みのあるアイコンが多かったりと言う具合です。自分はフラットなデザインが好きなので、その方向を目指していこうと思います。

低機能というのは、カスタム性を高くしすぎて設定が面倒になるくらいなら、カスタムできないようにしてしまおうという発想ですね。言葉は悪いですが、その方が気にすることが減って逆に使いやすくなると思います。

 

目標は大きく持ちましたが、いつも途中で挫折する人間なので、プログラミングの基礎を学ぶ程度のつもりでやってみます。

*1:これは多分仕様なのでしょう