愚痴日記

愚痴は言わない

Twitterやめるかも・・・って話

Twitterやめようかと考え始めました。

自分は、中三の頃に同じクラスの某つい廃が中学の先生とツイッター上で会話しているのを知り、その便利さにカルチャーショックを受けて始めました。その後は一日1000ツイートを目指して頑張ったり、某団体への批判を書き込んで怒られたりもしました。その間で何回もやめようと考えたことはありました。Twitter依存になっているからそれから脱却しようとつい禁したことや単純に飽きてやっていない時期もありました。でも結局やめることはできず(せず)アカウントを作っては消し、作っては消しを繰り返し今の20個目くらいのアカウントを使っているわけです。

で、今回なんでやめようかと思うと、ツイッターに大した意義を見出せなくなってきたからです。昔はフォロワーなんて気にせずにツイートしてましたが*1、最近は意識せざるを得ない、というか言葉にしづらいのですが、そんな感じがしてしまうのです。大学に入ったという変化によるものだ、と理由をこじつけることはできますが、正直自分でもよくわからないです。

Twitterと人間関係というトピックについては別記事でも書こうと思っているのですが、僕の基本的なスタンスは「インターネット上の言論空間は(現実よりも)自由であるべきだ」というものです。過激な誹謗中傷を認めるとまでは言いませんが、発言に関しては各個人を信頼し、その自由が最大限認められるべきであろうと思っています。そのスタンスでいくと今の僕にとってフォロワーは(語弊を恐れずにいうなら)"邪魔"でしか無くなってしまったのです。

だから多分やめます。今までも何度も辞めては作ってを繰り返しているので今回もどうなるかわかりませんが、いつのまにかアカウントを消していても心配なさらないでください。

 

追記17/5/24

結局、垢消ししました。

*1:今になれば一日800ツイートがどれだけ害悪かよくわかりますね