愚痴日記

愚痴は言わない

自分以外の人間は演者なのではないかという疑念

よく、自分以外の人間は演者なのではないかという疑念にかられることがあります。

初めてそれを感じたのは小学校の頃、ある時々での母親のあまりの態度の変貌ぶりに、実は"母親は何人かいて、自分の知らないところで入れ替わっているのではないか"と思った時です。そう考え始めると"自分は実はロボットかなんかで、世界中は実は自分を観察するために作られた舞台なのではないか"なんていう気がして来てしまうのです。*1

最近はここまで極端なことは考えませんが、代わりに"自分以外の人間がこの世に存在することが証明できない"という思考に取り憑かれつつあります。人間が何かを観察するときに、自分というフィルターを通さずに見ることは例外なく絶対にできません。ある事実を確認する時でさえ、それを事実として観察する自分がいるわけですから、それが本当に"事実"なのかがわかるわけがないと思います。

例を二つあげて見ましょう。まずは自分のフィルターを通すことの身近な例です。BさんがAさんのことを嫌っているとしましょう。でもAさんはそのことに気付いていない、いやむしろBさんに好かれていると思っているかもしれません。そしてたとえBさんがAさんのことを嫌いであっても、そのことを一切表面に出さなければBさんがAさんを嫌いという"事実"はBさんにとってのものでしかないのです。人間の好き嫌いは一番顕著な例と言えます。

次に事実が本当に"事実"か、という例です。例えば小さな鉄球を床に落とすとしましょう。床に着いた瞬間に球は音を立ててはねるでしょう。すると人はそれを"落ちた"と認識します。視覚的に床にはねるのを見て、聴覚でその音を聞くからそう思うのです。でもその事実も視覚や聴覚に頼っているわけで、その現象の本質を捉えているというわけではないのです。視覚や聴覚そのものが現実を捉えるのではなく、見たもの聞いたものを自分の脳が処理しているに過ぎないからです。

世界を観察するのには自分というフィルターを通すしかないのなら、むしろ世界の全ては自分が決定できるとも言えます。Aさんに嫌われているという"事実"ですら、自分の都合のいいように解釈をしたりすることで、"事実"を捻じ曲げることはできるのです。逆に言えば、Aさんに好かれているという"事実"を、嫌われていると認識することもできるわけです。*2だから本質的な意味で世界は自分次第だと言えると考えています。

"自分以外の人間がこの世に存在することが証明できない"とはこのような思考によるものです。デカルトが述べた通り、「我思う」ことで「我あり」と証明できる*3わけですが、他人の存在というのは自分のフィルターを通してしか認識できません。他人がいることをその人を見て、その人の声を聞いて、その人の身体に触れて、その人の匂いを嗅いで、ようやくその人がそこにいることがわかるわけです。それでもその人がそこにいるかは自分の認識の問題で、実は本当にいるかなんてわかりません。仮にそこにいることを"事実"として捉えられたとしても、その人が自分と同じように思考をしている動体なのかということを証明することは無理に近いと思います。その人の思考に入り込むことはできないからです。その人の口から出てくる言葉一つ一つがその人の思考によるものなのか、コンピュータのプログラミングのような反応として出てきているのか区別することは事実レベルではもちろんできません。自分の認識を超えて認識することができないからです。

ここまで非現実的(と一般には考えられるであろう)なことを並べてきましたが、もっと身近なレベルでも認識の問題は発生しています。「馬鹿は風邪を引かない」のではなく馬鹿は風邪を引いても気づかないのだとか、靴下が片方だけなくなるのは両方なくなったときはなくなったことに気づかないからなのだとか、自分は周りが見えていると感じるのは周りが見えている時しか周りが見えている自分に気づかないからだとか。そう考えると認識の問題って大きいなあと思うのですが、いかがでしょうか。

*1:こう書くと非常に自己中心的な発想ですね

*2:自分はこう考えてしまうことが多いですね

*3:いや正確にはこの思考すら他人の造形物からもしれませんが今回は置いておきましょう