愚痴日記

今を生きる

ステータスを見る女性から学ぶ事

www.youtube.com

 

昔はステータスで男を見る女の事が理解できないし気持ち悪いと思っていた。端的に言えば"金持ちが好きな女"みたいなのがすごく嫌いだったのだ。

生理的に無理というやつだったからなぜそう思っていたのかを説明するのは難しいが、一つには人間の代替可能性を感じてしまったからというものがある。「金持ちである」Aさんが好きなのだとしたら、同じく「金持ちである」Bさんも好きで然るべきであり、それだったらAさん固有のものは何も評価されてないのではないかという事だ。加えて言えば、その理屈の先に一番金持ちである人間が一番モテるというような結果が待っているようにしか思えなかったのだ。

だが最近はまあそういうものかと思えるようになって来た。そもそも他人を好きになる(好意を持つ)というのは、その人の何らかを評価しているからであるわけで、それが金を持っていることであっても良いのではないかと考えるようになったからだ。*1

思考実験としてイケメンだけど声は残念なQさんとブサイクだけど声はイケメンなWさんがいたとしよう。顔が見えていない段階だったらQさんよりWさんの方が好感度が高いはずである。しかし顔が見えたらWさんよりQさんの方が好感度が高くなるかもしれない。

つまり人間は与えられた情報に基づいて常に判断を変更しているのである。例えば生きる上で"顔"というものはたまたま表に出て来ているものにすぎないがイケメンというだけで(いくら中身がクズでも)評価されうる。逆にブサイクで初めは評価されなくても、あとで金持ちだとわかれば評価される。そういう表に出ない情報を知ることによっても人は他人に対する判断を変えうるのだ。

むしろ気をつけないといけないのは、(自分自身も含め)人間は見える情報のみによって判断しがちだということかも知れない。あの人は仏頂面だからつまらないとか、そういう決めつけをしばしばしがちだし、そう言った判断はそれより先を知ることを妨げてしまいがちである(つまり話す機会を失わせる)。だからこそ他人とコミュニケーションを取ることは重要だし、逆に自分がそう思われないように日頃から気をつける事が大切なのだと思っている。

 

*1:人間が他人を評価するときにイニシャルの情報というのは結構重要なのではないかと思う。例えば就活のエントリーシートで学歴フィルターをかけられるのと同じくだ。よく内面を知ってもらう前に外面がダメなら意味ないというが、まさにそういう議論である。僕の場合は外面を単に容姿とかそういう意味じゃなくて、何でもいいから興味を引くような事だと思っているから、例えばそれが保有資産額であっても学歴であってもいいと思う。自分に興味を持ってもらうきっかけがあれば良いのだと。そういう意味では「金持ちである」というきっかけで自分を知ってもらうのはありかなと思うのだ。相手が「金を持っている」自分を評価しているのか、「金を稼ぐ能力がある」自分を評価しているのかはその後に考えればいい話である。